注目キーワード
  1. 猫物語

ご支援のお願い

いつも応援いただきありがとうございます。

オンライン写真展、原発被災地の犬猫を訪問する活動などご評価いただけましたら、ぜひ応援のカンパをよろしくお願い致します。
ほぼ毎週の原発被災地訪問には、年間100~150万円ほどの資金が必要です。

原発事故から11年経ち、飼い主と離れて暮らす犬猫は僅かになりました。
しかし、飼い主の高齢化で生活の質が低下している犬、震災後生まれの飼い主のいない猫たちには、寄り添う人が必要です。
顔見知りの犬猫はみな高齢になりました。
ご飯を食べられればいいのか?
ただ生きていればいいのか?
彼らに寄り添う人はわずかしかいません。
限りある時間を生きる犬猫たちに、私は寄り添いたいと考えています。
この活動も、あと数年で大きな区切りがくるのではと考えています。
そこまでは、なんとか活動を継続できたらと思っています。

今年3月まで3年半ほど、ほぼ毎週の原発被災地訪問を続けていました。
毎週2日の現地滞在、準備と片付けの時間まで入れると3日分の時間。
心身疲労の蓄積により、活動、生活、仕事のバランスを保てなくなりました。
そして、コロナの影響が重なり活動資金の捻出が困難に。
多くの方からの応援と多少の借金で、どうにか活動を続けていましたが、自身の生活が崩壊する手前で一度足を止めました。
昨年終わり頃には、活動休止が頭に浮かんでいました。
その前に「晴」「ハク」「あまえ」「凪」4匹の猫を連れ帰りました。
私が特に気にかけていた餌場の猫たちです。
気がかりは減りました。
しかし、現地で私の訪問を待ってくれていた犬猫を想うと、苦渋の決断でした。

この数ヶ月、体を休めながら活動再開の準備を進めています。
しかし、晴の闘病で振り出しに。
車検等の出費も重なり活動資金を貯めるのに苦労しています。

自身の手に余ることへの取り組みに、賛否があるのは承知しています。
私自身も無理は禁物と肝に銘じています。
ですが、晴との別れで今の大切を改めて実感しました。

我が家の何匹かの猫たちの体調に気がかりも出てきましたので、
いつからどれくらいできるか今はわかりませんが、できるだけ早い現地の犬猫との再会を目指します。
応援をどうぞよろしくお願いいたします。

●クレジットカードでのカンパ

【クレジットカードでのカンパはこちらからお願いいたします】

●振込みでのカンパは以下の口座までお願いたします。

カンパ口座
楽天銀行
ジャズ支店
普通 4560150
カミムラ ユタカ
ゆうちょ銀行
〇〇八(ゼロゼロハチ)店
普通 8305548
カミムラ ユタカ
郵便振替
10070-83055481
カミムラ ユタカ

●フードのご支援

アマゾン欲しい物リスト

現地の犬猫がよく食べるフードのリストです。
どうぞよろしくお願いいたします。

>Call my name 原発被災地の犬猫たち

Call my name 原発被災地の犬猫たち

Covid-19流行のため2021年から「Call my name 原発被災地の犬猫たち」の展示をオンラインで公開しています。 2014年にスタートした展示は、日本国内で20回以上、台湾、中国でも開催してきました。現在、中国での写真集 出版の準備を進めています。●はじめて原発被災地の犬猫を訪ねてから10年余り、200回以上現地に足を運びま した。2018年秋から2022年春まではほぼ毎週犬猫を訪ねたました。心身と資金の息切れで現在現地訪問を一時休 止しておりますが、一日も早い復帰を目指しております。『オンライン写真展』や『私の現地訪問』その他、私の活動をご評価いただけましたらカンパにてお力添えをお願い致します。